故障したバイクでも売れる理由って何?

事故を起こしたり、故障して動かないバイクでも買取が出来る理由は、パーツとしての利用価値があるからが一番の理由です。

 

バイクの部品売買

例えば、中古パーツでは故障部分だけを直し、再生させリビルト品として格安で販売を行うケースも少なくありません。

 

※リビルト品は新品部品と比べても遜色も無く、市場価格の半額程度で購入できるので多くの買い手にも喜ばれています。

 

また、国内での再利用以外に、海外輸出を行う買取店もあるので部品だけを買い取れるという訳なんです。

この部品では、ホイールやブレーキ、リアサスやキャブレター、マフラーから足元のステップに至るまで様々な部品に価値が見出されます。

 

排気量やメーカーにより異なりますが、買取額の一例としては、ホイールで8万円、リアサスで2万円、ステップで2,5万円など高額で取引が行われています。

 

バイク関連グッズ査定
もうバイクを卒業されるのであれば、ヘルメットやグローブからジャケットといったウェア関連もネットでは頻繁に売買の流通が行われているので廃棄は本当にもったいない事です。

 

予備知識として、故障している箇所を直してからの査定は、修理費より査定額の方が安くなるのでお勧めできません。

 

あくまでも現状車のまま査定に出す事がポイントです。

カスタムバイクやオプション類など付属品がある場合は、そのままの状態で査定をしてもらって下さい。

(ノーマルパーツもある場合はそちらも一緒に)

 

もし、どこに売ればいいのか迷われた場合はこちらのサイトをチェックして下さい。

廃車バイクでも売るには?

廃車前の買取業者を見つける方法や、自身で廃車手続きをする方法、買取業者の口コミを掲載しています。

また、ローン中でもバイクを売ることは可能です。

買取店でもローン中OKと大々的に宣伝を行っていますが、
これは査定額を残債額に充当し、

  • 足りない分は新たにローンを組み直すか
  • 査定額の不足分を一括返済

のどちらかで手続きを行うという流れです。

もちろん残債額より査定額が多ければその分は頂戴出来ます。

長年乗っていない不動車でも事故車でも、書類が紛失しているバイクでも廃車にするのは最後の手段なので、いくらかの価値を付けてくれて、買取をしてくれる企業を見つけて下さい。